パッケージのデザインは、商品の品質を保つことはもとより、店頭に陳列された商品の見え方や、お客様への商品コンセプトなど、あらゆる角度から検証して作成しなければなりません。
この意味でパッケージングを、4P※に続く第5のPと呼ぶ人もいるほど、商品戦略において重要視されています。
※ 製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)